協会概要(入会のご案内) - 一般社団法人日本マリーナ・ビーチ協会は全国のマリーナを支えます。

一般社団法人日本マリーナ・ビーチ協会 入会のご案内アクセスマップサイトマップ
Google
www jmba.or.jp
トップページ > 協会概要(入会のご案内)

協会概要(入会のご案内)

海洋性レクリエーションに必要なマリーナ及びビーチの充実と繁栄をめざす当協会にぜひ、ご参加下さい。
プレジャーボートの増加、PWCなど様々なWater Craftの出現、環境に配慮したビーチの多用な利用、マリーナ及びビーチ利用者の安全確保、地元との調和のとれた官・民マリーナの運営、適正な水面利用のための行政上の措置の必要性など多くの課題が山積しています。
ここのような諸問題に対処するためにも、公益法人である協会というまとまった組織をセンターに、皆さんの力、声を結集し、輝かしい21世紀に飛翔していこうではありませんか。
関係各位の当協会へのご加入を切にお待ちいたしております。

入会のメリット

全会員共通

  1. マリーナ・ビーチの新設・改造の計画立案、調査の実施及び管理運営に必要な個々具体的な問題について、関係機関との調整、適切な助言コンサルタントの指導等を受けることができます。
  2. 本会が主催するマリーナ・ビーチに関する調査報告会、マリーナ経営講座、マリーナ・ビーチに関する法令の制定改廃の説明会及び内外のマリーナ・ビーチ視察研修会(無料または実費)に参加して、マリーナ・ビーチ事業についての認識を深めるとともに各種の有益な情報を入手することができます。
  3. マリーナ・ビーチに関する業界の情報、マリーナ・ビーチの管理・運営のため必要な、行政情報を含めての最新の情報を登載した会報が無料で配達されます。
  4. 協会に置かれた各種研究専門委員会の資料を無料又は実費で購入することができます。
  5. 協会支部活動に参加することによって、会員相互の有益な情報交換ができるとともに、マリーナ・ビーチに関する地域の行政活動に参画することにより地域に直結した情報の入手ができ、事業の迅速・適切な処理に役立てることができます。

 

マリーナ関係会員

  1. マリーナ整備に必要な設備資金及び一般運転資金を、長期低利の条件で、借入れることができます。
  2. 安全管理者講習会への参加が優先的に認められ、本協会からマリーナ安全管理者としての認定を受けることができます。
    安全管理者の配置は、「優良マリーナ」の認定をうけるための要件とされています。
  3. 本協会は、施設・管理・運営の内容が一定基準以上の条件に該当するマリーナを、申請により「優良マリーナ」として認定することになっていますが、このことについての指導や助言を受けることができます。
  4. 協会主催のマリーンウィーク等の助成事業を実施することにより、地域住民にマリーナ事業の意義を広くアピールすることができます。
  5. 万が一の事故の際に負う法律上の賠償事故を総合的に補償する「マリーナ総合賠償責任保険」に協会会員のみ加入することができます。

  

入会の手続き

正会員第一種、正会員第二種、個人会員毎にそれぞれ入会申込書と必要書類を定めておりますので、それに従い、会長に入会の申請をして頂くことになります。

 

会費

会費(年会費)

会員別 金額
(1)正会員第一種
マリーナを管理・運営する民間事業者
区分 保有隻数 会費額
A 20隻未満 50,000円
B 20隻以上50隻未満 80,000円
C 50隻以上100隻未満 100,000円
D 100隻以上150隻未満 150,000円
E 150隻以上 200,000円
(2)正会員第一種
公益法人及び第三セクター
200,000円
(3)正会員第一種
指定管理者(150隻以上)
150,000円
(4)正会員第一種
指定管理者(150隻未満)
100,000円
(5)正会員第一種
地方公共団体
区分 金額
都道府県、政令指定都市 200,000円
政令指定都市以外の市及び特別地方公共団体 50,000円

(6)正会員第二種
イ.社団法人日本マリーナ・ビーチ協会が会員等となっている公益法人及び団体等

一口 300,000円

(7)正会員第二種
ロ.イ以外の賛助会員

一口 240,000円
(8)個人会員 一口  10,000円